So-net無料ブログ作成
検索選択

TEAM申「抜け穴の会議室」@PARCO劇場(12月24日) [エイガ・エンゲキ]

クリスマスイブは1人で大杉漣と佐々木蔵之介の舞台。しかもトークショー付き!
大杉漣さんは中2のときからの憧れの人。初めて生で観るからドキドキでした。

開演前アナウンスの物販案内に蔵之介さんが食い込んでお姉さんに何回も言わせてて笑ったw
開演直前のアナウンスは前回公演の市川亀治郎さん、前々回公演の仲村トオルさんが
なんで出してくれないんだアナウンスだけなんだと恨みつらみを述べながらの注意事項。
そこに蔵之介さんの「はいっ!ありがとうございましたー」なんかが入ってるw

客電が落ちる前の音楽だけの空間が好きだった。
書籍が溢れ出てくるシーンも好き。
緊張感が気持ちいい。

舞台が始まってすぐに大杉漣さんが足をくじいた。
自然に進んだから演出だったのかなと思ったけどやっぱり本当にくじいていたようで
終演後に病院直行でトークショーは蔵之介さんと前川さんだけだった。

輪廻がテーマで、二人は前世では友達、前々世は親子、
奴隷と主人、敵対する部族同士、夫婦だったときもあるとか!
二人の関係にひどい貸し借りがあることがわかって険悪になりも
結局「女って強ぇなー!」で全てがすっきりさっぱり
見終わった後は幸せでした。

かみむら周平さんの音楽がとにかく気持ち良かった。

【抜け穴の会議室-あらすじ】
果てしなく広がり、繋がっている六角形の部屋。それは蜂の巣のよう。
そのひとつの部屋に、一人の男・東野直樹(大杉漣)が入ってくる。
六面ある壁にはそれぞれドアがあり、備え付けられている本棚には、年代のような数字が記された書籍が多数収まっている。
何かを待ち望んでいるような男の前に、大量の書籍が溢れ出てきた。
同時にもう一人、別の男・葛西湧一(佐々木蔵之介)が現れる。
この六角形の部屋は、生と死の狭間の世界。
溢れ出てきた書籍たちは、二人が共有する記憶だという。
ここで過去を清算すれば、新たな生に進むことができるらしい。
そこで二人は意を決し、人生の復習を始めた。
SH3D0656.jpgSH3D0657.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。